介護士こらそんの奮闘日記

介護福祉に関する職種

こちらでは、介護福祉施設での色々な職種に

ついてわかりやすくご説明致します。

①介護職・ホームヘルパー

ご利用者様に直接的に介助をする職員です。

日常生活(食事、入浴、排泄、移動や移乗)

であったり洗濯や掃除などの生活援助です。

②ケアマネージャー(介護支援専門員)

通称ケアマネさんと呼ばれている利用者さまの

ケアプラン(介護サービスの利用計画書)の

作成を行います。利用者さまや家族と施設の

間に入りサービスが適切に提供されているか

定期的に見守る役割も担っております。

また、利用者さまの困り事や家族の相談にも

乗ったりと介護のコーディネーター的な存在。

③生活相談員

利用者さまや家族の相談に乗りながら連動する

機関との連絡や調整・手続きを行う役割を担っ

ています。入居や施設利用、介護サービスの

開始の相談や契約など利用中のサポート・相談

も行っております。

④施設長(ホーム長・所長)

いわゆる施設での責任者です。わかりやすく

伝えるとお店では店長。介護では、その事業所

をとりまとめる役割を持っております。