介護士こらそんの奮闘日記
介護施設について

介護施設について(2)

ども。介護士こらそんです。

今日は、介護施設の第二弾になります。

「グループホーム」と「ケアハウス」について

説明しようと思います。

④グループホーム

認知症の高齢者が共同生活を営む場所として

作られております。ここで言う共同生活とは

ご利用者様の能力(出来ること出来ないこと)に

応じて、料理や洗濯、掃除などと言った役割を

担いながら共に暮して行くことです。

もちろん、専門の職員もいるので見極めながら

食事を一緒に作ったり、買い物にも出かけます

入居者数も特養に比べ格段に少ない人数なので

アットホームな雰囲気で職員とも顔なじみに

なりやすく時間がゆったりと流れている感じ

ですね。ただ、医療面に関しては看護師の

配置義務がない為、医療ケアの対応には限界が

ある側面があります。あくまで「生活の場所」

であり「住み慣れた地域」で長く生活を続けら

れると言う感じです。

⑤ケアハウス

ケアハウスには、色々な種類があります。

軽費老人ホームA型・B型と呼ばれるものと

ケアハウス(一般型・介護型)に分かれます。

軽費老人ホームは所得に応じて月額料金が

変わります。A型は食事の提供があり、B型は

ないので自炊できる人になります。

A・B型ともに介護の必要のある高齢者は、

ご利用出来ないので注意が必要です。

次にケアハウスですが、軽費老人ホームC型

とも呼ばれ一般型と介護型があります。

どちらも食事の提供もあり、生活支援も受け

られる施設となっています。

一般型は、介護は不要な人や軽度な介護が

必要な人も入居可能です。生活支援や緊急時の

対応、見守りサービスが主ですね。

一方、介護型では生活支援・安否確認や介護

サービス(入浴、食事、排泄)などの介助を施設

内で受ける事が出来ます。

最初、一般型で入居されても途中で介護が必要

になった場合は介護型に変更する事も可能なの

で安心して住んで頂けます。

ABOUT ME
korason
愛知県在住でとある有料老人ホームの副施設長をしております。認知症介護指導者の資格を持っており 「認知症の人とその家族を支える介護士」を目指して日々奮闘中。