介護士こらそんの奮闘日記
こらそんの小話

働きアリの法則

皆様、こんばんは。介護士こらそんです。

今日のこらそん小話は「働きアリの法則」に

ついてお話ししようと思います。

「働きアリの法則」とは、アリの集団を

「よく働く・普通・働かない」に分けたときに

よく働くアリは全体の2割、普通の働きアリが

6割、働かないアリが2割になると言う性質の

ことを言います。

よく働くアリが2割なら、そのアリのみを集め

ると非常に効率的になると思いますが…

よく働くアリのみ集めても、その中から6割の

普通の働きアリ、2割の働かないアリが出て

きてしまいます。つまり、優秀なアリのみ

残しても、全てのアリが働くわけではなく

2対6対2になってしまうのです。

この「働きアリの法則」は、元々経済学で用い

られる用語です。働きアリだけでなく、人間

そして人間社会や経済など、あらゆる場面で

この法則が成り立つとされています。

つまり、職場で大体8割くらいが働いており

2割くらいが怠けてると言う感じになりますね

一見、この怠けてる2割によって効率が下げら

れていると思われますが、8割の働いている人

だけでは、疲労などによって集団を維持できま

せん。そこで2割の怠け者の登場です笑

実際、働きアリの中で働かないアリは、

働きアリと交代することがあり集団を維持

してくれます。

働かないアリは単に働かないのではなく、

人間社会で言う「休憩している人」でも

あります。そういう思考で考えれば、

「働かないアリ」と言う役割は社会を維持する

ために必要なんです。

職場であまり働かない人がいたり、怠けてる人

がいたら「働きアリの法則」を思い出して頂き

たいですし、いつも一生懸命頑張って働いてい

る自分も休憩が必要な時が来ます。

その時には、あまり働かない人や怠けてる人が

頑張って働いているかも知れませんよ。

ABOUT ME
korason
愛知県在住でとある有料老人ホームの副施設長をしております。認知症介護指導者の資格を持っており 「認知症の人とその家族を支える介護士」を目指して日々奮闘中。