介護士こらそんの奮闘日記
こらそんの小話

こらそん現場リポート

皆さん、こんばんは。介護士こらそんです。

今日は、いつもの小話ではなく現場にある

話しをリポートして行きたいと思います。

とある認知症の利用者様(A様)がトイレ拒否が

強い時がありました。午前、午後とトイレ誘導

を定時(決められた時間)に行うはずなのに、

職員「Aさん、トイレ拒否の為、連れて行けま

せんでした。」とか「本人が嫌がっているので

誘導してません。」とか言う職員さん皆さんの

周りにいませんか?

その結果、5〜8時間位トイレ誘導していない

とかありませんか?

こう言った環境や状況になりやすい施設は、

倫理観が薄い職員が多いように思います。

私が言う倫理観とは、

生命倫理の4大原則

のことです。

生命倫理には、4つの原則があり

・自律尊重原則(自己決定の尊重、支援)

・善行原則(利用者様にとって最善を尽くす)

・無危害原則(少なくとも害は為すな、避けよ)

・公平、公正原則(すべての人を公平に扱う)

の4つがあります。

そして、出来ない職員ほど、「自律尊重原則」

を選び掲げる傾向が強いと思います。

仮に「自律尊重原則」を選んでも良いと思うの

ですが、逆に「善行原則」や「無危害原則」、

「公平、公正原則」の倫理はどこに行って

しまったの?って話しなんです。

トイレに行きたくない→自律尊重原則かも

知れませんが、パット内に排尿がたまりすぎて

皮膚が弱い人だとかぶれたり発赤が見られたり

するかも知れません。その時に「無危害原則」

や「善行原則」の倫理に反していると思います

し、他の利用者様はトイレに行っているのに

A様だけ行ってないのは「公平、公正原則」に

反してますよね。

この様に生命倫理の4大原則に当てはめると

色々な葛藤やジレンマが職員には起きるはず

何ですが…

何も考えずに本人の意思だからと言う理由で

何もしない介護職員は、要注意です!

そんな職員さんは、生命倫理から教えると

良いと思います。

以上、現場からこらそんがリポートしました。

ABOUT ME
korason
愛知県在住でとある有料老人ホームの副施設長をしております。認知症介護指導者の資格を持っており 「認知症の人とその家族を支える介護士」を目指して日々奮闘中。