介護士こらそんの奮闘日記
介護施設について

目的と目標

皆さん、こんばんは。介護士こらそんです。

今日は、「目的」と「目標」についてお話しし

たいと思います。

皆さんは目的と目標の違いってわかりますか?

私は、認知症介護指導者研修で学ぶまで

曖昧にこの目的と目標を使っていました(汗)

なので、今回は皆さんにも違いを理解して

使って頂けたらと思います。

目的と目標を山で例えると…

「目的」は山の頂上であり、

「目標」はその山の頂上に登るまでの

 ポイント地点である。

 と言う事になります。

つまり、山の頂上(目的)がゴールだとして

そのゴールまでの長い道のりを細かくポイント

地点(目標)を作っていく事により、ゴールに

辿りつけると言う事です。

なので、目的があっての目標なんです。

ただ、目標だけ作っても目的がなければ、

あまり意味をなさなくなってしまいます。

補足して言いますと企業などよく目標は、

掲げるけど目的を社員に理解して頂いてる

所って少ないと思うのです。

それって、ゴールはわからないけど

中間ポイントはここだから、とりあえず目指し

ましょうって言われてると一緒です笑

だからこそ、先に目的を伝えてその目的を達成

させるための第一歩の目標がこれです。と言う

流れで説明された方が伝わりやすいですし、

または、目標を伝えて色々な目標を達成した

その先には目的がある事を伝えられた方が

やる気が出ませんか?

つまり、職員のモチベーションを上げたり保つ

ためにも目的と目標の言葉の使い方は、

とても大切です。

管理職の方は、是非この目的と目標の言葉の

使い方を意識して使ってみて下さい。

ABOUT ME
korason
愛知県在住でとある有料老人ホームの副施設長をしております。認知症介護指導者の資格を持っており 「認知症の人とその家族を支える介護士」を目指して日々奮闘中。