介護士こらそんの奮闘日記
介護施設について

リスクに潜む罠

どもでーす。介護士こらそんですっ!

今日は、介護あるあるをお話ししようと思う

ので他業種の方はわかりずらいかも知れません

がよろしくお願いしますm(_ _)m

介護現場では、リスクマネジメントを考えて

普段、仕事をしていますよね。

あちらの利用者様は足元がフラつきやすいから

転倒のリスクに気をつけてねとか、

こちらの利用者様は、嚥下状態が悪いから

誤嚥のリスクに気をつけてなど介護現場には

様々なリスクがあります。

その利用者様に起こるであろうリスクを考える

ことは良い事なのですが…

こらそん的には、介護士の皆さんに

是非問いたいです。

「リスクが目的になっていませんか?」

確かに転倒のリスクがあるから危ないとか、

誤嚥のリスクがあるから怖いなどその先の予測

を考えればわかります。

・転倒のリスク→転倒→骨折などの怪我

・誤嚥のリスク→食事が詰まってしまう→誤嚥

でも、本当にこれだけでしょうか?

怖いのは、転倒して骨折や怪我をすることや

食事を食べてる最中にむせて誤嚥になり誤嚥性

肺炎になることだけでしょうか?

私は違うと思います。

確かに骨折や怪我、誤嚥性肺炎も怖いですし、

あってはならない事だとは思います。

しかし、事故を未然に防ぐためにその前の事

(リスクを予測する事)も大切ですが、それと

同じ位にその後(起きてしまった事)も考える

必要性があると私は思います。

例えば、転倒のリスクで考えるなら

転倒し怪我する事が問題ではなく、転倒し怪我

をする事による本人のADLの低下とQOLの

低下がそもそもの問題だと思うのです。

あくまで転倒を防ぐことが目的ではなく

利用者様本人のADLとQOLの低下を防ぐこと

が本来の目的だと私は思います。

なので、転倒のリスクを予防すると言うことは

あくまで手段であって目的ではないと言うこと

です。

あまりにリスクにばかり気をとられると

本来の目的を見失いやすくなるので、

気をつけて欲しいなあと思うこらそんでした。

ABOUT ME
korason
愛知県在住でとある有料老人ホームの副施設長をしております。認知症介護指導者の資格を持っており 「認知症の人とその家族を支える介護士」を目指して日々奮闘中。