介護士こらそんの奮闘日記
認知症とは?

困り事

ども。介護士こらそんでございます。

今日は「困り事」をテーマにお話ししたいと

思います。

介護現場では、「◯◯さん、夕方になると

帰宅願望が強くでて困るわ〜。」とか

「◯◯さん、最近立ち上がり悪くてトイレ介助

の時、困らない?」など様々な職員の困り事は

日々の生活の中で発生していますよね。

この職員の困り事自体よくある風景なんですが

実は…職員だけではなくもう一人困っている人

がいるのをご存知でしょうか?

ズバリ「ご利用者様」です。

先程の帰宅願望とトイレ介助を例にたとえると

帰宅願望の場合、

利用者様は家に帰れなくて困っている。

職員は帰宅願望が表れて困っている。

トイレ介助の場合は、

利用者様は、トイレに行きたいのに立てなくて

困っている。

職員は、トイレ介助をしたいけど立ち上がりが

悪くて困っている。

この様にお互いが困っている状態になっている

のです。

だから、

「職員の困り事は利用者様の困り事である」

と認識すると自分達が困っていると言う事は、

利用者様も困って大変なんだなと自然と思える

ようになるのでお勧めです。

私は、職員同士が困ってる話しをした時には、

その話題に出た利用者も困っている事を理解し

助けに行ったり、職員と一緒になって支援の

仕方を考えたり話し合う様にしています。

ABOUT ME
korason
愛知県在住でとある有料老人ホームの副施設長をしております。認知症介護指導者の資格を持っており 「認知症の人とその家族を支える介護士」を目指して日々奮闘中。