介護士こらそんの奮闘日記
認知症とは?

パーソンセンタードケア

どーも。介護士こらそんです。

今日は、「パーソン・センタード・ケア」

についてお話ししたいと思います。

認知症ケアにおいての考え方にこのパーソン・

センタード・ケアがあります。

パーソン・センタード・ケアは、1980年代末

に英国の心理学者トム・キッドウッド氏によっ

て提唱されました。

このパーソン・センタード・ケアが提唱される

前の英国では、認知症高齢者は

「何もわからない人」「奇妙な行動をする人」

と考えられていました。

相手の立場や想いを考える事もなく、時間にな

ればオムツの交換をして、施設のスケジュール

で入浴介助を行うといった流れ作業のような

介護が行われていました。

そこで、当時トム・キッドウッド氏は自ら施設

に出向き、そこにいる認知症の高齢者を膨大な

時間をかけて観察することにしました。

そして、人を物のように扱ったり見下したり

する風土を施設全体で変える必要があると

考えました。また、その人の生活歴や習慣、

趣味や性格などの背景に着目し支援すること

で、悪化しているように見える認知症の状態も

改善できるかもしれないと考えたのです。

この考え方が

「その人、一人ひとりの視点や立場にたって

理解しながらケアを行う」

パーソン・センタード・ケアの誕生に

つながりました。

認知症ケアと言う言葉になっていますが、

私はケアに対してもこのパーソン・センタード

・ケアの視点や考え方は必要だと思います。

認知症ケアだから普通のケアだからやる事が

違うと言うのはおかしいと思います。

認知症の高齢者でも認知症でない高齢者も

パーソン・センタード・ケアの考え方や視点

を持ってぜひ介護をして見て下さい。

その先には、きっと素敵な笑顔に出会えますよ

ABOUT ME
korason
愛知県在住でとある有料老人ホームの副施設長をしております。認知症介護指導者の資格を持っており 「認知症の人とその家族を支える介護士」を目指して日々奮闘中。