介護士こらそんの奮闘日記
こらそんの小話

ストレングスファインダー

皆さん、こんにちは♪介護士こらそんです。

今日は、ストレングスファインダーについて

小話しさせて頂こうと思います。

「ストレングスファインダー」って言葉

聞いたことある人ない人いると思いますので、

まずは説明から行きたいと思います。

ストレングス・ファインダーとは、全米心理学

会から「強みの心理学の父」として功績を認め

られた、ギャラップ社の元会長ドナルド・O・

クリフトン氏が開発したものです。

ちなみにギャラップ社(Gallup)はアメリカでは

有名な世論調査及びコンサルティングを行う

企業です。

その会社が40年にわたって、あらゆる分野の

活躍している人々にインタビューすることから

始まり、活躍している人が成果を出している時

にどんな才能が使われているのかを探って行き

ました。そして、調査してきた「人間の強み」

に関する研究結果から人々に共通する

「強みの元=才能」を34の資質に言語化し、

それらを発見するために開発されたツールが

ストレングスファインダーになります。

この34の資質とは、あらゆる分野で活躍する

異なる成功者の「無意識に繰り返し現れる

思考、感情、行動パターン」を言語化したもの

になります。ズバリ簡単に言うと

「自分の長所がわかる自己診断テスト」です。

177個の質問に答えると自分の得意な思考や

感情、行動パターンが判明するものになって

います。

ちなみに、こらそんの資質は

1.戦略性

2.達成欲

3.着想

4.親密性

5.内省

となっています。この上位5つが日常的に発揮

されやすい資質になっています。

この「資質」と言う言葉はあまり聞き慣れない

かも知れませんが、ギャラップ社では

資質=才能のかたまりと考えています。

また才能と言うのは、ギャラップ社では

才能=無意識に繰り返される思考、感情、行動

のパターンと定義しております。 

つまり、ストレングスファインダーによって

わかるのは「強み」ではなく「才能」なんです

その「才能」を活かして「強み」に変えて成果

を出して行きましょうと提案してくれる物とし

てストレングスファインダーがあるとこらそん

は思います。

皆さんも自分の才能が気になったら是非

ストレングスファインダーやってみて下さい。

ABOUT ME
korason
愛知県在住でとある有料老人ホームの副施設長をしております。認知症介護指導者の資格を持っており 「認知症の人とその家族を支える介護士」を目指して日々奮闘中。