介護士こらそんの奮闘日記
認知症とは?

介護日記

こんばんは。介護士こらそんです。

今日から祖母の話しを日記形式で残して行こう

と思います。認知症の疑いからアルツハイマー

型認知症へ…そして、現在は?

今、家族介護をされている方やこれから家族

介護をするかも知れない方の参考になればと

思い日記をつけることにしました。

2016年の11月頃、母から一通のメールが送ら

れて来ました。

「おばあちゃんが最近、忘れがちになって

 困る。」と言った内容のメールでした。

当時、私は特養で働いており、母と電話で

やりとりしました。内容は友達と約束した日を

忘れたり、水道料金の支払いを忘れることが

あると言った感じでした。

母の声も逼迫した感じではなく、たまに忘れて

困るのよ〜もうしっかりして位の感じでした。

この時は、祖母は87歳と言う事もあり、

歳相応のもの忘れかなと言う話しで終わり

電話を切りました。

ここで、私の祖母のお話をしますね。

祖母は、旅館や飲食店を営む家庭で育ち近所の

お見合いで祖父と結婚しました。

結婚後は、喫茶店を営み料理を作るのが大好き

でそこそこ繁盛してたと聞いております。

私が幼稚園くらいに喫茶店を親戚に譲り、その

後は詩吟に熱中し先生をしていました。

非常にオシャレで、いわゆる

「とんでるおばあちゃん」だと思います。

私が高校生の時に、ピアスをしても髪の毛を

染めても祖母は否定せずに

「素敵ね。おばあちゃんもマネしようかしら」

と必ず笑顔で言っていたのは今でも覚えてます

今日はこの辺で。

ABOUT ME
korason
愛知県在住でとある有料老人ホームの副施設長をしております。認知症介護指導者の資格を持っており 「認知症の人とその家族を支える介護士」を目指して日々奮闘中。